佐藤 徹哉 (サトウ テツヤ)

Sato, Tetsuya

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理情報工学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 助手

  • 1988年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 専任講師

  • 1993年10月
    -
    1995年09月

    慶應義塾大学, 学生総合センター, 日吉支部委員

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 助教授

  • 1995年10月
    -
    1997年03月

    慶応義塾大学, 理工学部, 学習指導副主任

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1978年03月

    慶應義塾, 工学部, 計測工学科

    大学, 卒業

  • 1980年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 計測工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1983年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 計測工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾, 1983年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造物理 (ナノ構造物理)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ナノ磁性体、磁気物理

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子井戸構造に基づく2次元金属薄膜への磁気機能の誘導とその応用展開, 

    2018年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 磁気便覧

    佐藤 徹哉, 丸善出版株式会社, 2016年01月

  • 粉体工学ハンドブック

    佐藤 徹哉, 朝倉書店, 2014年02月

  • ライフコンジュゲートケミストリー —暮らしと未来を支える化学—

    佐藤 徹哉, 三共出版, 2006年12月

  • Mesoscopic Materials and Clusters - Their Pysical and Chemical Properties -

    Tetsuya Sato, Tomoyasu Taniyama, Springer, 1999年03月

  • 磁気物性の基礎

    能勢宏,佐藤徹哉, 裳華房, 1997年04月

     概要を見る

    大学低学年を対象とした磁気物性の入門的教科書4章から成り,第1章 序論,第2章 原子の磁性,第3章 実在物質の磁性,第4章 強磁性.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Manipulation of magnetization in Pd(100) ultrathin films with quantum well structure using modification of Schottky barrier potentials

    Tanabe H., Sakuragi S., Sato T.

    Applied Physics Letters (Applied Physics Letters)  114 ( 5 )  2019年02月

    ISSN  00036951

     概要を見る

    © 2019 Author(s). The magnetization of Pd(100) ultrathin films that show ferromagnetism due to quantum well states was manipulated by changing the quantum well state with an applied bias voltage. The voltage dependence of the magnetic moment of Pd/SrTiO 3−x /Ti/Au intrinsically depends on the Pd film thickness. The induced change in the magnetic moment is due to the modulation of the phase shift at the interface between the Pd thin film and the semiconductor SrTiO 3−x substrate.

  • Spontaneous distortion via the appearance of ferromagnetism in Pd ultrathin films: Observation of an inverse mechanism for the Stoner criterion

    Sakuragi S., Tajiri H., Kageshima H., Sato T.

    Physical Review B (Physical Review B)  97 ( 21 )  2018年06月

    ISSN  24699950

     概要を見る

    © 2018 American Physical Society. We study the crystal structure of Pd(100) ultrathin films, which show ferromagnetism induced by the quantum confinement effect, using in situ x-ray crystal truncation rod measurement and density functional calculation. The energy gain from the appearance of ferromagnetism in Pd results in flatter and uniform film growth of ferromagnetic Pd films compared with paramagnetic Pd. In addition, ferromagnetic Pd films expand the out-of-plane lattice constant to suppress the increase in kinetic energy of electrons accompanied by the occurrence of exchange splitting. Although the traditional theory of magnetism in metals indicates that the increase in density of states induces ferromagnetism (Stoner criterion), our present finding reveals a mechanism of modulation in the density of states via the appearance of ferromagnetism, i.e., the inverse mechanism of Stoner's theory.

  • Spontaneous Distortion via the Appearance of Ferromagnetism in Pd Ultrathin Films

    Shunsuke Sakuragi, Hiroo Tajiri, Hiroyuki Kageshima, and Tetsuya Sato

    Physical Review B (American Physical Society)  97 ( 21 ) 214421/1 - 214421/5 2018年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Change in magnetization of ferromagnetic Pd(001) ultrathin films induced by the strain effect of BaTiO<inf>3</inf>

    Ban Y., Komatsu K., Sakuragi S., Taniyama T., Kageshima H., Sato T.

    Applied Physics Letters (Applied Physics Letters)  112 ( 14 )  2018年04月

    ISSN  00036951

     概要を見る

    © 2018 Author(s). We demonstrate changes in the saturation magnetization of Pd(001) ultrathin films exhibiting ferromagnetism in Pd/SrTiO3/BaTiO3 heterostructures due to the strain effect caused by the structural phase transition of BaTiO3 substrates. When a BaTiO3 substrate with a single domain formed by voltage application transitioned from the orthorhombic phase to the tetragonal phase, the saturation magnetization of Pd decreased by about 5%. The first-principles calculations, which assumed the distortion accompanied by the orthorhombic to the tetragonal structural phase transition, indicated a decrease by 3%-4% in the magnetization, which was consistent with the experimental results.

  • Nanoscale Mosaic Works: Tetragonal Lattices of Iso-oriented Heterogeneous Nanocubes

    Riho Matsumoto, Hiroya Yamazaki, Mihiro Takasaki, Yuya Oaki, Tetsuya Sato, Hiroaki Imai

    Langmuir (ACS Publications)  34 ( 13 ) 4031 - 4035 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • B20型Cr0.81Mn0.19Geにおける異常ホール効果測定

    渡辺和貴,石藤涼,井口亮,内田健一,佐藤徹哉

    日本物理学会 第74回年次大会 (福岡県・福岡市) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本物理学会

  • Mn3O4ナノブロック秩序配列構造体の磁気特性

    溝口剛史,清水真琴,松本里穂、高崎美宏,今井宏明,佐藤徹哉

    日本物理学会 第74回年次大会 (福岡県・福岡市) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本物理学会

  • Pt(100)超薄膜に量子井戸状態に起因して生じる強磁性およびその経時変化

    山口智史,佐藤徹哉

    日本物理学会 第74回年次大会 (福岡県・福岡市) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本物理学会

  • BaTiO3の局在電場を用いたPt微粒子の磁性変調

    山崎寛也,松本里穂,高崎美宏,今井宏明,佐藤徹哉

    日本物理学会 第74回年次大会 (福岡県・福岡市) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本物理学会

  • ショットキー障壁の変化を利用した量子井戸構造を有するPd(100)薄膜の磁気特性変化II

    田辺秀崇,櫻木俊輔,佐藤徹哉

    日本物理学会 第74回年次大会 (福岡県・福岡市) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本物理学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スピングラス様磁性を示すスキルミオンの検証と構造の解明、および動的性質の検討

    2016年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 量子井戸構造に基づく2次元金属薄膜への磁気機能の誘導とその応用展開

    2015年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤徹哉, 補助金,  代表

  • 局在表面プラズモン共鳴に伴う高周波高電場を用いた磁気異方性制御及び磁気秩序操作

    2014年04月
    -
    2016年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤徹哉, 補助金,  代表

  • 磁性クラスターを用いた磁性ハイパーサーミアの研究

    2013年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾学事振興資金, 佐藤徹哉, 補助金,  代表

  • 電気磁気効果を用いたナノスケール金属およびナノ粒子集合体の磁気秩序制御

    2012年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 波長可変カーボンナノチューブ素子

    特願: 2006-325421  2006年12月 

    特許, 共同

  • 電界制御磁性素子及び電界制御磁気メモリ素子

    特願: 2006-72031  2006年03月 

    特許, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本材料科学会功労賞

    2013年06月, 日本材料科学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本磁気学会出版賞

    能勢宏、佐藤徹哉, 2009年09月, 磁気工学の基礎

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理情報工学実験C

    2019年度

  • 物理情報工学実験D

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 電気・磁気機能物質

    2019年度

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射光学会

     
  • 日本物理学会

     
  • 応用物理学会

     
  • 日本磁気学会

     
  • 日本材料科学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    評議員, 日本材料科学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    SPring-8/SACLA成果審査委員会査読者, 高輝度光科学研究センター

  • 2015年06月
    -
    2017年05月

    評議員, 日本材料科学会

  • 2014年12月
    -
    2016年11月

    科学研究費委員会専門委員, 日本学術振興会

  • 2013年09月
    -
    2014年09月

    第38回磁気学会現地実行委員会委員長, 日本磁気学会

全件表示 >>