小池 康博 (コイケ ヤスヒロ)

Koike, Yasuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理情報工学科 (矢上)

職名

教授

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 理工学部, 大学院 理工学研究科, 慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート 所長

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1983年03月

    慶應義塾大学理工学部, 非常勤講師

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    慶應義塾大学理工学部 ,助手

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学理工学部, 専任講師

  • 1989年04月
    -
    1990年02月

    米国ベル研究所 ,訪問研究員

  • 1992年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学理工学部 ,助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1977年03月

    慶應義塾, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1979年03月

    慶應義塾, 工学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1982年03月

    慶應義塾, 工学研究科

    大学院, 修了, 博士

  • 2007年04月

    アイントホーヘン工科大学, Electrical Engineering

    オランダ, 大学院, その他, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾, 1982年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学 (フォトニクスポリマー)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • プラスチック光ファイバー

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Fundamentals of Plastic Optical Fibers

    Wiley-VCH, 2015年01月

  • 透明ポリマーの材料開発と高性能化

    シーエムシー出版, 2015年

    担当範囲: 第16章 プラスチック光ファイバー

  • Handbook of Fluoropolymer Science and Technology

    Y. Okamoto, F. Mikes, K. Koike, and Y. Koike, Wiley, 2014年05月

    担当範囲: Amorphous Perfluoropolymers

  • 高分子ナノテクノロジーハンドブック~最新ポリマーABC技術を中心として~

    (株)エヌ・ティー・エス, 2014年03月

    担当範囲: 第2章 IT・エレクトロニクスイノベーション:電気電子デバイスの高度化 第5節 フォトニクスポリマーデバイス

  • Optical Fibers; New Developments

    K. Koike, Y. Koike, and Y. Okamoto, Nova Science Publisher, 2013年09月

    担当範囲: Graded-Index Plastic Optical Fibers: Materials and Fabrication Techniques

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Nonlinear Distortion Reduction Effect of Graded-Index Plastic Optical Fiber

    Muramoto K., Inoue A., Koike Y.

    IEEE Photonics Technology Letters (IEEE Photonics Technology Letters)  31 ( 10 ) 791 - 794 2019年05月

    ISSN  10411135

     概要を見る

    © 2019 IEEE. We experimentally demonstrate that a graded-index plastic optical fiber (GI POF) can significantly reduce transmitted signal distortion caused by the nonlinear response of a multimode fiber (MMF) link based on a vertical-cavity surface-emitting laser (VCSEL). The low distortion of the signal transmission is attributed to the strong mode coupling in the GI POF, which suppresses the increment in signal distortion due to the external optical feedback, by reducing the self-coupling of problematic back-reflected light into the VCSEL cavity. The strong mode coupling is closely associated with polymer-specific microscopic heterogeneous structures in the fiber core materials, suggesting that the signal distortion can be further reduced by controlling the microscopic properties. The nonlinear distortion reduction effect of our developed GI POF will be invaluable for next-generation MMF links based on multilevel modulation in the ultrahigh-definition era.

  • Unconventional plastic optical fiber design for very short multimode fiber link

    Inoue A., Koike Y.

    Optics Express (Optics Express)  27 ( 9 ) 12061 - 12069 2019年04月

     概要を見る

    © 2019 Optical Society of America under the terms of the OSA Open Access Publishing Agreement We introduce a graded-index plastic optical fiber (GI POF) design for very short-distance household applications, in which the transmission quality is predominantly determined by system noise rather than the loss and bandwidth. The developed GI POF has strong mode coupling with low accompanying scattering loss, which is closely related to the specific microscopic heterogeneities in the core material. Such characteristic mode coupling significantly decreases reflection noise, improving the transmission quality compared with silica GI multimode fiber (MMF) for lengths below 30 m. Moreover, in the GI POF link, the transmission quality tends to improve with increasing fiber length, despite the increased loss and decreased bandwidth. This feature suggests that the system noise can be controlled by the microscopic heterogeneous properties of the GI POF for a very short MMF link, where the fiber loss and bandwidth are sufficiently low and high, respectively. This unconventional concept for optical-fiber design can advance fiber-optic communication in emerging applications in households located near optical network terminals.

  • Low-Noise Radio over Plastic Optical Fiber for TV Broadcasting in Ultrahigh-Definition Era

    Inoue A., Koike Y.

    2019 Optical Fiber Communications Conference and Exhibition, OFC 2019 - Proceedings (2019 Optical Fiber Communications Conference and Exhibition, OFC 2019 - Proceedings)  2019年04月

    ISSN  9781943580538

     概要を見る

    © 2019 OSA. We develop plastic optical fibers that significantly improve TV transmission qualities compared with conventional multimode fibers despite their higher attenuation. This improvement is attributed to mode coupling that is closely related to microscopic core-material properties.

  • Intrinsically Stabilized Plastic Optical Fiber Link Subject to External Optical Feedback

    Inoue A., Koike Y.

    IEEE Photonics Journal (IEEE Photonics Journal)  11 ( 1 )  2019年02月

     概要を見る

    © 2009-2012 IEEE. We develop a graded-index plastic optical fiber (GI POF) that can significantly stabilize a multimode fiber (MMF) link with a vertical-cavity surface-emitting laser (VCSEL) subject to external optical feedback. It is demonstrated that the dominant mechanism for this stabilization effect is the strong mode coupling of the GI POF, which is closely related to the polymer-specific microscopic heterogeneities in the GI POF core material. Such mode coupling decreases correlation between the problematic reflected light field and VCSEL cavity field, increasing tolerance of the MMF link for external optical feedback. Our developed GI POF with specific microscopic heterogeneities prevents the external-optical-feedback-induced critical destabilization observed for silica GI MMFs. These results suggest that the stabilization effect can be controlled by microscopic properties regardless of the fiber attenuations and core refractive indices.

  • Low-noise graded-index plastic optical fiber for significantly stable and robust data transmission

    Inoue A., Koike Y.

    Journal of Lightwave Technology (Journal of Lightwave Technology)  36 ( 24 ) 5887 - 5892 2018年12月

    ISSN  07338724

     概要を見る

    © 1983-2012 IEEE. Internet traffic continues to grow with the increase of network-connected smartphones, tablets, televisions, and monitoring devices in the Internet-of-Things (IoT) era. This trend will be significantly accelerated by the introduction of ultrahigh-definition (UHD) imaging technologies in various applications, and existing optical networks including datacenter networks are under urgent development to accommodate this traffic. However, optical fibers have not been introduced into households located in optical network terminal areas, even though UHD device connections require decompressed high-volume data transmission at more than 100 Gb/s, where a multilevel modulation scheme is vital. In UHD applications, very short optical cables (typically less than several meters) are connected and disconnected by consumers in a manner similar to metal interface cables. Under such conditions, a data transmission quality is predominantly limited by noise and instability rather than bandwidth and loss. Here, we propose low-noise graded-index plastic optical fibers (GI POFs) that enable significantly stable and robust data transmission through strong mode coupling, whose mechanism is fundamentally different from that of silica optical fibers. The low-noise GI POF link eliminates the need for the precise fiber alignment, angled fiber facets, and optical isolators typically used in conventional links. Our proposed GI POF material paves the way for quick optical fiber connections for multilevel UHD video transmission, becoming the first 'capillaries of light' from optical network terminals in the IoT era.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 屈折率分布型ポリマー光導波路の歴史と展開

    小池康博

    光技術コンタクト (日本オプトメカトロニクス協会)   2017年05月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 新川崎タウンキャンパスの発展とこれからー研究活動を中心に

    小池康博

    三田評論 (慶應義塾)   2016年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要), 単著

  • ボールペン技術から生まれたGI-POF用光コネクタ

    三井章仁、小池 康博

    光アライアンス2016年3月号 (日本工業出版)   2016年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • ディスプレイの高画質化のための光散乱ポリマー材料

    多加谷 明広、小池 康博

    光学 (日本光学会)  44 ( 8 ) 310 - 315 2015年08月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 4K/8K時代に向けた低雑音性屈折率分布型プラスチック光ファイバによるRadio over Fiber技術の開発

    西山公太、井上梓、小池康博

    電子情報通信学会総合大会 (東京、日本) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • 屈折率分布型プラスチック光ファイバのためのボールペン型低雑音性光モジュールの提案

    小林史英、井上梓、小池康博

    電子情報通信学会総合大会 (東京、日本) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • ミクロ不均一構造を有する屈折率分布型プラスチック光ファイバの非線形歪み低減効果

    村元謙太、井上梓、小池康博

    電子情報通信学会総合大会 (東京、日本) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • Recent progress and Challenges of GI POF towards IoT Era

    Yasuhiro Koike

    OFC 2019 POF Sympoium (San Diego, USA) , 2019年03月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Low-Noise Radio over Plastic Optical Fiber for TV Broadcasting in Ultrahigh-Definition Era

    A. Inoue and Y. Koike

    OFC2019 (San Diego, USA) , 2019年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 電波タイムズ 2面「一般社団法人サービス高度化推進協会が実証実験を公開 新4K8K衛星放送の光配信方式の実用化」

    2019年03月

    その他

  • 電波新聞 3面「A-PAB POFシステムによる実証実験 簡単に現場施工、低コスト 外観損なわず既存設備に追加」

    2019年02月

    その他

  • 日本経済新聞 9面「サングラスでも液晶画面鮮明に 慶大が専用フィルム」

    2019年02月

    その他

  • 日本経済新聞 15面「光ファイバ量産に500億円 日東電工、8K・5G対応」

    2018年05月

    その他

  • 電波タイムズ 2面「新4K8K衛星放送対応光配信の実証実験」

    2018年04月

    その他

     発表内容を見る

    新4K8K衛星放送対応光配信の実証実験

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • SID Special Recognition Awards

    2015年06月

  • 第24回「向井賞」

    小池 康博, 2013年05月, 公益財団法人東京応化科学技術振興財団, フォトニクスポリマーの基礎研究と機能創造

  • 第13回「神奈川イメージアップ大賞」

    小池 康博, 2011年01月, 毎日新聞社

  • 科学技術への顕著な貢献2009「ナイスステップな研究者」

    小池 康博, 2009年12月, 文部科学省 科学技術政策研究所, 高速通信用プラスチック光ファイバーの研究および実用化

     説明を見る

    従来より200倍以上の高速伝送を可能とした低損失・高速プラスチック光ファイバーを世界に先駆け発明・提案した。プラスチックは曲げに強く、安全で、ビル内、家庭内のような狭い場所への配線に大変適している。現在、旭硝子(株)と共同開発を進め、伝送速度を40ギガビットを越える全フッ素化プラスチック光ファイバーの試作に成功し、臨場感溢れるFace-to-Faceコミュニケーションへ向けての研究開発を行っている。

  • 2007年 MOC Award

    小池 康博, 2007年10月, The Thirteenth Microoptics Conference, 低損失広帯域プラスチック光ファイバ、他新規光学ポリマーデバイス等

     説明を見る

    低損失広帯域プラスチック光ファイバ、新規光学ポリマーデバイス等のフォトニクスポリマーにおける先駆的研究とそのリーダーシップにより

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理情報工学実験C

    2019年度

  • 物理情報工学実験D

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    2019年度

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • カイロス株式会社 テクニカル・アドバイザー

    2016年12月
    -
    2017年12月
  • 第22回微小光学国際会議(MOC'17) 組織委員

    2016年08月
    -
    2017年11月
  • 国立大学法人 神戸大学 非常勤講師

    2016年08月
  • 市村学術賞 審査委員

    2015年11月
    -
    2018年
  • 独立行政法人科学技術振興機構 研究成果展開事業「戦略的イノベーション創出推進プログラム(S-イノベ)」研究開発テーマ「フォトニクスポリマーによる先進情報通信技術の開発」プログラムオフィサー補佐

    2014年04月
    -
    2015年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 国際光工学会, 

    2016年01月
    -
    継続中
  • SPIE, 

    2016年
    -
    継続中
  • The Society for Information Display, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 一般社団法人 電子情報通信学会, 

    2011年01月
    -
    2015年03月
  • 日本レスポンシブル・ケア協議会, 

    2008年10月
    -
    2010年05月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    2018年11月

    Organizing Committee Member, the 24th Microoptics Conference (MOC2019)

  • 2018年03月
    -
    2019年04月

    日本国際賞審査部会委員, 公益財団法人 国際科学技術財団 

  • 2018年02月
    -
    2018年03月

    国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)アドバイザー, 国立研究開発法人 科学技術振興機構

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)専門評価委員, 総務省

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    功績賞、学会賞、技術賞及び奨励賞選考委員, 一般社団法人繊維学会

全件表示 >>